秋分

夏の名残にさようなら。
秋の気配にこんにちは。

はっきりとした分け目ではないものの
やっぱり境目はここしかないと思いたい。

秋分を過ぎて半袖だなんておかしいし
秋分の前に上着を羽織るのもへん。

そしてわたしの体感では
秋分とおはぎがしっかりと結びついている。

もち米とあずきを用意して
おはぎをつくろう。

そう、わたしには
その日を秋分と呼ぶよりは
彼岸の中日と呼びたい日なのであった。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s