清明

この時期にここへ来るのは地元の通だけなんだよ、なんて言いながら歩を進める、ちょっとした登り坂。息が上がる。梅園の小道がパッと開けたその奥に、大きな桜の木。息を呑む。