禾乃登(こくものすなわちみのる)Rice ripen.

 Photo by そよ 他に何が選べただろう? 選べないと思い込み、選ばなかったものは何だろう? とにかく、収穫の時は来たのだ。 がっかりするのも権利だろうか? 少なく見えても重みのある果実は、その手の中にあるだろうか? *** 月は満ち、やがて翳ってゆく。 僕らの指先には、もう熱の名残もない。 厳密には、あの時の熱の名残は、もう、ない、のだ。 Advertisements

処暑

こんなに大きかったっけ?握った手が意外に肉厚で驚く。すっかり日焼けした横顔が頼もしく見える、夏の終わりの夕暮れ時。こんなふうに一緒に散歩に出かけるのも、あと数年かもしれない。そんな思いがふいに風にのる。