麦秋至(むぎのときいたる)The barley harvest season begins.

 Photo by そよ 刻を知る? ううん、ただ、この身の理として当然のこと。 去年も一昨年も同じようにしてたから。 あのモナークバタフライ(王様蝶)も、 きっとそうだと思います。 *** 何処か上の空。 熱の中の花。 右肩の痣。 その匂い、靄然として。 浅い眠りの向こう側。 行ったり来たりで、この世の様子を伺うのです。 ただ、時計草だけは常に正直ですね。 Advertisements

蚕起食桑(かいこおきてくわをはむ)Silkworms wake up,and eat mulberry leaves.

 Photo by そよ 世界の成り立ちに、ご興味がおあり? では、そのお話は食事の後にいたしましょう。 絹の冷たさと温かさの間。 そこに在るもの。 そこに匂うもの。 *** 目まぐるしく変わるお天気のように、 飛んで行きそうで行かない、どっちつかずのダンス。 破滅を望んでなどいない風で、どこかでそれを待つような。

小満(しょうまん)grain full:Everything grows.

 Photo by そよ 双子会議で話し合われたのは、次の緑の濃さでしょう。 バラツキのある、賑やかな木々。 やがて分かれる行き先だとしても、 その時までは、傍にいましょう。 *** ふふふふふー。 何にでも、コツというのはあるものです。 「逃げ水」と「呼び水」の関係のように、 どちらがどうというのは、わかりにくい場合もあるのですから。