竹笋生(たけのこしょうず)Bamboos shoot up.

黒水晶のような子鹿の眼(まなこ)。 「躍動」と名づけたその石を、 竹藪から渡ってきた風が称揚する。 雷(いかずち)の丘では、出会ってしまった蝶二匹。 嘆きにも似たダンスを見せて。 真っすぐと曲線、また真っすぐと曲線が、 屏風画のように迫る五月。 *** 飛んで行きそうで行かない、どっちつかずのダンス。 破滅を望んでなどいない風で、どこかでそれを待つような。 乾いた胸に、まだ雨は降らない。 Advertisements

蛙始鳴(かわずはじめてなく)Flogs begin to croak.

    Photo by そよ 後戻りなどしませんよ。 もう尻尾の名残りもないのですから。 ましてや、あの柔らかなジェルに包まれ、 多くの友とつながった、 生ぬるい季節には戻りようもないのですから。 *** 木香薔薇が乾き散り、光の量も増し増しの候、 皆さま、ご清栄のことと存じます。 青い日めくりがスタートしますね。

立夏

あぁ、そうだった。こうして季節は変わっていくんだった。少しずつ、緑が茂り始めて、あの小道が細くなる。2人並んで歩くには、少しだけ手狭になる。大きなぼんぼりのような紫陽花を揺らしながら、あなたと歩いた季節がやってくる。

立夏

新芽が若葉に育ち 元気いっぱい弾けています。 黄緑色がお日様に反射して きらきらと本当にきれい。 ジャケットを脱いで シャツ1枚になって お出かけしましょう。 そろそろ半袖を出しておかなきゃね。